頼りすぎない|話題のゼナドリンを摂取して効果的なダイエットをしよう
女性

話題のゼナドリンを摂取して効果的なダイエットをしよう

頼りすぎない

体重計

身体に合ったものを使う

便秘薬にはいくつかの種類があります。刺激性下剤と機械性下剤に分けられます。刺激性の便秘薬は主に、大腸に刺激を与えて蠕動運動を起こして便通を促します。また、これには効果が強いアントラキノン系の物で、長期間の使用だと腸の動きが悪くなったり、便秘がさらに悪くなる事もあります。もう一つは、ジフェニルメタン系で効き目が緩やかで負担の少ないものがあります。機械性の便秘薬は便に水分が加わり柔らかくなるので排便がしやすくなるものがあります。しかし、便秘薬の使用は便秘の解決にはなりません。解決するには規則正しい生活が必要となります。そもそも、薬には副作用があります。効果の強い物では腹痛があったり、頻繁に使うことで効き目がなくなったりします。

生活の見直しで排便を促す

薬店で購入する場合、様々な種類の便秘薬が並んでいます。オススメなものは、穏やかに作用するもので、強すぎれば下痢になったり腹痛を伴ったりします。授乳中であれば水分を必要とするので便秘になりがちです。この場合は薬剤師に相談するのが良いでしょう。便秘薬のオススメは漢方や生薬の天然成分のもので腸に優しく作用してくれます。症状には人それぞれによって違い、薬の量によっては下痢や腹痛を起こします。このことから薬の量が調整できるものがオススメになります。液状や粉末の便秘薬は使いやすいと思います。また、便秘薬は体に合わないこともあります。飲み合わせの薬や食べ物によっても相性の良くないものもあるので、薬剤師さんに相談してオススメの便秘薬を聞くのも良いと思います。